薬剤師の年収について

年収は平均より高い?安い?

薬剤師は医療従事者として働いている立場の中でも、特に年収が平均より少ないと言われてしまうこともあります。
これは他の医療従事者に比べて短時間勤務が可能なことや、その他にも以前に働いていた職場に不満を持ち、薬剤師として働くための職場を離れてしまう人がいるからです。

実際に薬剤師として働いていくのであれば年収が少なくなってしまうということは少なく、特に近年では多くの年収を得ながら満足した生活が送れるという薬剤師さんもどんどん増えています。
また年収を増やしたいと思えば思うほど働き方を考えることで、ある程度は自由自在に年収もコントロールすることができます。
スキルアップをすることで年収を増やすといった方法もあるため、最初から年収が少ないのだと思わず、たくさんの年収が得られる職場探しをするのが良いでしょう。

安定するので生活の不安がなくなる

薬剤師の年収はある程度地域によっても違いが出てきます。
ニーズの高いエリアであればその分年収も高い傾向にあり、反対に薬剤師がとてもたくさん存在しローテーション勤務になってしまうような地域では毎日働くことができないため、どうしても年収は少なくなってしまいます。

東京などでは薬剤師の需要が本当に高く、多種多様な職場で求人情報を出していますので、こういった情報の中から職場探しをすれば年収も高い職場で働けるチャンスがアップするのです。
ちなみに東京で働いた場合の薬剤師の平均年収は、400~450万円となります。
しかし、求人の内容次第では明らかに平均より高い年収を得ることも可能です。

求人を探したい人はサイトを使用すると便利です。
専任のキャリアコンサルタントがいますので、自分の希望を伝えながらピッタリの職場探しを手伝ってもらうことも可能です。
例えば大きな病院で夜勤のみを行いたいといった希望を持っている薬剤師さんや、小さな子供がいるので午後でも早い時間帯までの勤務がしたいというニーズに合った案件を見つけることができます。

頑張れる場面が多いので年収アップのチャンスも多い

薬剤師は前述の通りニーズが高いため、自分の希望する職探しがしやすい職種の一つとなっています。
また最初でもお話した通り、頑張りたいと思えば思うほど,れる場面が多いためそれだけ年収アップのチャンスもたくさんあると考えられるでしょう。

スキルアップをするのはもちろんですが、それだけではなく、働く時間に関してもライフスタイルに合わせながら増減をすることができます。
特に薬剤師が不足している地域であれば薬剤師側の希望を聞き入れた上で勤務することができるので、資格を持っている方はとても働きやすいといえるでしょう。
一昔前とは薬剤師の働く状況も変わってきているため、年収が少ないなどといった先入観を持たず、まずは職場探しから始めてみてはいかがでしょうか。