登録販売者の資格について

認定資格である

登録販売者というのはどんな立場で働いていくのかということが、明確にわかっていないという方もいるようです。
この登録販売者というのは主にドラッグストアをはじめとして、医薬品などを扱っている場所でこういった薬品などを販売する立場ということになります。
例えばドラッグストアでアルバイトをしている一般的な学生さんや主婦が薬品等をレジで打ち込んでいるのは、登録販売者の資格を持っているのではなく、登録販売者の資格を持つ立場の人間がそのお店に存在しているからです。

登録販売者が扱っている医薬品などをしっかりと管理しその上で、アルバイトの方やパートの方がレジで販売するという形になります。
登録販売者がいなければ、医薬品の販売をすることさえドラッグストアやコンビニエンスストアではできないのです。
この登録販売者というのは特に必要な資格などはなく誰でも受験することができるようになっています。
認定資格となっていますので、登録販売者になるための講習を受けて資格を交付してもらうことが可能です。

資格があるだけじゃ働けない

登録販売者は上記のようにドラッグストアなどで働くことになりますが、この資格を持っているだけではすぐに働くことができません。
この登録販売者というのは、まず講習を終えて資格が交付された後、登録をしなければなりません。
これはそれぞれの各都道府県に登録申請を行い、登録販売者として働いていくための認定を受けなければならないのです。

またその上で薬剤師をはじめ、店舗管理者や店舗管理代行者のもとで2年間にわたる実務をこなさなければ、登録販売者として独立して経営を行うこともできません。
ドラッグストアで働けるといったイメージから薬剤師と同じような認識を持ってしまう人もいるようですが、薬剤師とは大きく違った資格となっています。
ただし、登録販売者の資格を持っていれば、上記のようにしっかりとした要件を満たすことによって、その後は独立して働いていくことも可能です。

登録販売者はどこで働く?

登録販売者の資格を取得した後、どこで働けばよいのかについては前述の通り、ドラッグストアなどといった薬局関係がメインになってきます。
また、現在は少ないですが今後はコンビニエンスストアでも医薬品を扱うということが増えてくるため、このようなコンビニでも需要は高くなるでしょう。

こちらの資格に関しては、2009年の6月に施行されたものとなっており、比較的新しい資格という資格といった認識です。
また、上記した以外にも近年の では大型の家電量販店などで一般用の医薬品を販売する事も増えているため、こういった場面で働くこともできるでしょう。

登録販売者として登録をするのはそれぞれの各都道府県になりますが、全国どこでも働くことが可能になっていますので、お引越しなどを含めて転職を考えた場合にも長期間にわたり活用することができる資格となっています。
特別な体力仕事などもありませんので、年齢を重ねてからも登録販売者として働くことができるでしょう。