公認スポーツファーマシストの資格について

スポーツに関する公認の資格

スポーツ業界をはじめとして、医療業界にも様々な資格が存在しています。
国家資格をはじめとしてその他にも、国が認めた公認資格がありますが、公認スポーツファーマシストという資格についてご存知でしょうか?

こちらは国家資格ではなく、前述のとおり国が認めた公認の資格というものになっています。
この、公認スポーツファーマシストは今後のニーズも非常に高いと言われており、現在とても注目を集めています。

スポーツというのは正当であるべきものとして多くの方に意識されています。
しかし、このスポーツについてズルをしてしまうという選手がいたりすることも事実。
故に公認スポーツファーマシストはういった部分についての正しい知識を持ち、スポーツに取り組む方々が正当でなおかつ平等な立場からそれぞれのスポーツが楽しめるように啓発していくという立場にあります。

正当なスポーツを啓発するための役割を持つ

正当なスポーツを啓発すると言っても、しっくりこないという方もいるでしょう。
これははっきり申してしまえば、ドーピングについての内容となります。
ドーピングというのは様々な薬剤などを用いる方法になりますが、公認スポーツファーマシストは薬剤師の資格を持つ方々がドーピング禁止に向けてファーマシストとして活躍していく立場となります。

正当なスポーツを啓発していくためにはドーピングを禁止し、さらにはドーピングをするために役立つ薬剤やその効能についての知識を持っていなければなりません。
しっかりとドーピングを禁じ正当なスポーツが行われるように、どんどん力を入れていくのが公認スポーツファーマシストとなります。

オリンピック競技も増える傾向となっており、さらには人に様々な競技でのドーピングが取り沙汰されています。
こういった状況を防いでいくため、また今後もさらに競技を増やしていく上で正当性を高めるために公認スポーツファーマシストのニーズは高くなるのです。

資格を持つためには認定試験を受ける

公認スポーツファーマシストとして活躍していくためには、認定試験を受ける必要があります。
その認定試験を受けるために2つの講習を受ける必要があり、この講習を修了し最後の試験に合格すれば資格が持てるということになります。
公認スポーツファーマシストはオリンピックをはじめとしてその他様々な公式競技で役立つことができる立場ですので、薬剤師の資格をお持ちの方は一つのスキルアップ先として目指してみるのも良いでしょう。

認定試験を受けるための勉強内容は、さほど難しいものではありません。
近年ではイーランニングなどを受講することによって試験を受けることができます。
上記の通り公認スポーツファーマシストを目指すためにはまず第1に、薬剤師の資格を持っていなければなりませんので、これは薬剤師ならではのメリットといえるのではないでしょうか。

また徹底的にドーピングを阻止し今後のスポーツ界をより正当なものにしていくという意味でも、多くの活躍が期待されている立場となります。
こちらの公認スポーツファーマシストは4年ごとに更新があり、更新のたびに認定試験を受けることが必須条件となります。