薬剤師国家試験を取得するまでの道のり

6年間という月日

薬剤師国家試験を受けるためには、いますぐ受けたいと思ってすぐに受けられるわけではありません。
試験を受けるためには必要な教養を得なければならず、そのためには6年間という時間が必要になります。
これだけの時間をかけて薬剤師の試験を受けるということは、その後も当然薬剤師として活躍していくことになるでしょう。

これが面倒に感じてしまう方や、自分には無理だと感じてしまう方は6年間の中で挫折をしてしまったり、諦めてしまい薬剤師とは違った高校生で活躍していくということになってしまいます。
薬剤師の国家試験を受けるためには、上記の通り6年間という時間が必要になりますが、この6年間をどのように過ごすのかは人によって大きな違いがあります。

6年間の教養が必要なため薬学部に入る

薬剤師国家試験を受けるための6年間は多くのケースで大学に入り、学んでいくことになります。
薬学部を持つ学校や薬科大学などに入校して6年間もの間、沢山の勉強をしなければなりません。
これだけでも薬剤師になるためには本当に大変な思いをするということがわかるでしょう。

また、薬剤師国家試験を受けて合格した後どのように働いていくのかといったビジョンについても在学中に考えていかなくてはなりません。
しかし、これだけの苦労をして試験に合格することになれば、その後は一生涯に渡って薬剤師として活躍していくことが出来ます。
近年では薬剤師が働く場面が多くなっており、一つ2つといった業界ではなく、本当に多くの業界で働けるようになりました。

そのため、自分の将来的なビジョンを考えた時にも幅が広がり、あれこれとやってみたいことが浮かんでくるのではないでしょうか。
たくさんの新しいお薬などが開発されている中、薬剤師のニーズそのものも高くなっていますので、資格を取っておけば将来的な部分でも安心することができます。

試験対策として予備校や通信を受ける

さて薬剤師国家試験を受けるためには、大学で勉強すると上でお話しましたが、それだけでは不合格になってしまうこともあります。
ですから試験対策として、予備校に通うことや試験に必要な知識を身につける、またはトレーニングをするということも必要になってきます。
薬剤師国家試験に不合格となってしまった場合、翌年以降も再び試験を受けることができますが、できれば一発で合格したいと思っている方がほとんどでしょう。

そのためにも試験対策が必要になってくるのです。
試験対策については独学で行うという人もいるようですが、多くの方は予備校などに通いながらポイントを押さえ、さらに自分の苦手分野を克服しています。
国家試験を受けて合格するためには、本当に多大なる努力が必要となりますが、その努力を経て薬剤師として活躍できるようになれば、とてもたくさんの方々の役に立つことができるため常にやりがいを感じながら働ける職業の一つとなっています。