薬剤師国家試験の独学は危険?

独学で可能?

薬剤師は国家資格となっていますので、当然ながら国家試験を受けなければなりません。
国家試験というネーミングを聞くだけで非常に難しいものだと思ってしまいがちですが、独学で学びたいと思う人もいるようです。
多くの方々が予備校をはじめその他にも専門的な勉強をするために進学するので、そういった手順を踏まず独学で受験したいと思う人もいるでしょう。

薬剤師国家試験というのは、独学で学び、最終的に合格することが可能なのかというと、その答えとしては不可能です。
国家試験を切るためには薬学部を持つ大学や薬科大学などに入校し、6年間も勉強しなければなりません。
そのため、まずこの時点で独学というのは不可能になるわけです。

最低でも予備校に通うことが必要となる

上記したように、薬剤師国家試験を受けるためには専門的な教養が学べる学校に進学しなければなりません。
これは高校卒業した後専門的な科目のある大学や前述の通り薬科大学などに入る必要が出てきます。
また学校に通いながらでも試験対策として最低でも予備校に通うということが大切になります。

学校に通って自分で勉強しているだけではあくまでも最低限必要な事しか学ぶことができません。
しかしながら国家試験というのは引っ掛け問題が出てくることや、その他にも近年の医療業界の傾向、さらに製薬業界の傾向に合わせた問題が出てくることになります。

こういった部分については大学の中で試験対策を行うことがほとんどありません。
一方で、予備校というのは基本的に試験対策を入念に行っていきますので予備校に通うことやイーランニングなどの通信を活用していくことが必要になるのです。
ですから最初にも述べたように、独学で薬学薬剤師国家試験を受けるのは不可能になることがお分かりでしょう。

独学で試験に挑む際の落とし穴とは

大学に通いながら予備校などには通わず独学で試験対策をしていきたいと考えている方は、もちろん100%無理というわけではありませんので、きちんと試験対策をすることによって国家試験に合格する人もいます。
しかし独学で試験対策をする際には、いくつかの落とし穴があるのでこういった落とし穴をどのようにクリアするのかが大きな問題点になります。

まず第1に、予備校などに通わない場合、近年の出題傾向を把握することができません。
例えば前年度の出題された内容を把握するなどということも不可能になるでしょう。
予備校に通っていれば多くのケースで前年度の試験問題などを入手することができるので、これだけでもメリットになります。

さらに独学で試験に向けての勉強をしようと思っていると、大学での授業が終わったあとだらけてしまうことや、競争率を意識せずマイペースになってしまうことも一つの落とし穴と言えます。
こういった落とし穴をきちんと把握した上で、一つ一つ対策をすることができれば大学に通いながらその他の部分は独学でも薬剤師国家試験を受けて合格することもできるでしょう。
しかし、そのためには並大抵の努力では難しいので、本当に自分の時間を削って試験対策を行うということが重要になってきます。