薬剤師国家資格と登録販売者資格の違い

大きな違いがある

薬剤師国家試験というのは難易度も高く非常に難しいものだといわれています。
と同時に、薬剤師国家試験と登録販売者を同じように思っている方もいるようです。
しかしこの2つには大きな違いがあるため、双方の違いなどをしっかりと把握しておかなければなりません。

例えば登録販売者の資格を持っているだけで、薬剤師と同じように働けるわけではないのです。
もちろん国家資格となっている薬剤師の資格を持っている方が働けるフィールドは広くなり、さらに資格を取るために勉強する内容もあるたくさんあります。
まず第1に、薬剤師というのは国家資格になりますが、登録販売者というのは国家資格ではありません。

また薬剤師であればどのような種類の医薬品を扱うことができますが、登録販売者の場合には販売することができる薬品にも限りがあります。
こういった規制面でも様々な違いがありますので、登録販売者が薬剤師と同じように規制がかかっているお薬を万が一販売してしまうようなことがあると大問題です。

薬剤師は働ける場所が多い

薬剤師というのは上でもお話している通り国家資格になりますので、働けるフィールドも本当にたくさんあります。
医療機関としての代表格である病院をはじめとしてその他にも、ドラッグストアや自分自身が独立して薬局を経営するということもできるでしょう。
また製薬会社に勤務しながら新しいお薬の開発に携わるということや、介護施設などで働きながら必要なお薬についての管理をするといった働き方もあります。

薬剤師はどんどんニーズが高くなっており、働けるフィールドも増えているため早い段階で国家資格となる薬剤師の資格を持っておけば、今後の就職に役立つことは間違いありません。
定期的な更新などもありませんので、長年にわたっていつまででも薬剤師として働いていくことができるでしょう。
また薬剤師の国家試験を受けた後、漢方薬専門に働くことや精神薬専門に働いていくなどといった進路についても、それぞれのジャンルを自分で選ぶことが自由になっています。

一方で登録販売者というのはあくまでも薬剤師などが常駐している場面でお薬を販売する立場となり、薬剤師がお休みの時でも登録販売者がいればドラッグストアなどでは1部の医薬品を販売することができるといった内容となっています。
病院などで働くことはなく、薬局をメインとして働いていくことになるでしょう。

登録販売者の資格を持っていても医療従事者とは呼べない

薬剤師というのは国家資格であり、当然ですが医療従事者という立場になります。
しかし登録販売者に関しては医療従事者となるものではなく、あくまでも上記の通りドラッグストアで扱っているお薬の一部を販売することができるといった内容になります。

薬剤師になるための試験を受ける、または試験を受けるための勉強をするということが苦手な方でも登録販売者の資格を持っていればドラッグストアで働くことができるため、多くの人とコミュニケーションをとることやお薬についての知識を持ち、扱うことができるというメリットになってきます。
このように薬剤師国家資格と登録販売者には違いがありますので、混同してしまうことがないように気をつけましょう。