薬剤師の仕事に向いている人

薬剤師に向いているのはどのような人なのか

薬剤師は国家資格となり一度資格を取得しておけば、その後は生涯にわたって役立てられるという資格の一つでもあります。
そのため、これから薬剤師になりたいと思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、どんなお仕事にも向き不向きというものがありますので、例えば薬剤師になりたいと思っていても自分が向いていなければ諦めざるを得ないと考えてしまう人もいます。

ここでは薬剤師に向いている人の特徴などについてお話していきます。
薬剤師というのはお薬に対するプロですので、もちろんこうした部分での知識を持たなくてはなりません。
しかし知識があればそれだけで務まるというものではなく、その他にも必要になってくるスキルや目標などがあります。
黙々と作業をこなしていれば良いという仕事ではありませんが、自分が薬剤師に向いているかどうかを判断する際の材料にしてみてください。

細かな作業やコミュニケーションが好きな人

薬剤師は前述のとおりお薬に対するプロとなり、様々な薬品などを扱うこととなります。
処方箋薬局などの場合にも多くの薬を処方箋に合わせながらしっかり準備することや、状況に合わせてお薬を混ぜ合わせるなどということも行っていきます。

一つ一つの処方箋をチェックしながら準備するという作業を考えても、細かな作業になるでしょう。
そのため、薬剤師に向いているのは細かな作業が好きな人と言うのが一つになります。
こういった細かな作業が苦手な人や面倒に感じてしまう人の場合には、患者さんに渡すための薬を間違えてしまうことがあり、トラブルを招いてしまう恐れがあります。

また薬局の窓口をはじめとしてその他でも様々な場面でコミュニケーションをとることもたくさんある仕事です。
患者さんとのコミュニケーションだけではなく、その他医療従事者をはじめとして多くの方と接するお仕事になりますので、コミュニケーションが好きな人やコミュニケーション能力の高い人ならば薬剤師に向いているといえるでしょう。
反対にコミュニケーションが苦手な方は薬剤師として働いていく上で、自分の中での壁を乗り越えていかなくてはなりません。

人の役に立ちたい、力になりたいと思う人

薬剤師は上でもお話している通りお薬を作ったりお薬を処方するといった立場になります。
また必要に応じてどの薬がぴったりなのかということを医師や看護師と相談しながら決めることも行っていきます。
このようにトータルして薬剤師の仕事を考えてみると、誰かの役に立ちたい、力になりたいと思っている人が向いているといえるでしょう。

自分だけで働きながら自己満足をすれば良いといった考えの方は、薬剤師に向きません。
やはりできるだけ多くの方の笑顔が見たいという考えや役に立つ仕事がしたいと心から願う人が、薬剤師には向いています。
また最初にもお話したように、少しでも安定した仕事を選びたいと考えている方も薬剤師には向いています。