薬剤師の勤務時間

拘束時間が長い?

薬剤師として働き始めると拘束時間が非常に長く、毎日のように残業を強いられてしまったりその他にも世の中の休日でありながら、勤務をしなければならないといったイメージをお持ちの方もいるようです。
病院勤務などになれば自宅に帰ることもままならず、働かなければならないと思っている人もいるでしょう。

実際のところ薬剤師は拘束時間が長いのかといえば、そんなことはありません。
もちろんフルタイムで長く働きたいと思えばそれも可能になっています。
しかし反対に短時間勤務のみを希望するというケースであっても対応する職場はどんどん増えています。

決して拘束時間の長いお仕事ではありませんので、自分のライフスタイルに合わせながら自由な働き方ができる資格といっても良いでしょう。
薬剤師の勤務時間についてこれまで誤解を持っていた方はこういった誤解を取り除き、ライフスタイルに見合った勤務時間で良いとされる職場を見つけてください。

職場によって短時間勤務も出来る安心感

薬剤師として働いていくのであれば、前述の通り職場によっては短時間勤務をすることも可能になっていますが、必ずしもフルタイムで働かなければいけないと板決まりはありません。
午前中だけで働きたいという人や午後だけで働きたいという人も安心です。
特にお子様をお持ちの方は家事などもしっかりと行っていかなくてはならず、短時間勤務でなければ難しいというケースもあるでしょう。

保育園や幼稚園に入所させることができればある程度まとまった時間で働けるようになりますが、そうでなかった場合には1時的に託児所を利用することもあります。
しかし託児所を利用する際には比較的高い料金が必要になってしまうので、こういった部分での出費を抑えるためにも効率的に短時間だけ働きたいと考える人もいます。

実際に薬剤師の求人情報を探してみると短時間でも何ら問題はないものがたくさんありますので、勤務時間そのものを強く意識する必要はないでしょう。
短時間勤務を希望するからといって風当たりが冷たくなることや、職場が見つからないということもありません。

ライフスタイルに合わせながら働ける仕事です

上記のように薬剤師というのは、ライフスタイルに合わせながら働くことのできるお仕事となります。
もちろん上記とは反対に長時間働きたいと思っている方は大歓迎されるので、病院などの医療機関をはじめとして薬局や製薬会社といった企業でも働くことができるでしょう。

特に企業の場合にはフルタイムで働いてほしいといった求人情報も多いので、長時間働いてしっかりと稼ぎたいと思っている薬剤師さんにはピッタリです。
その反面でブランクを持つ薬剤師さんなどの場合には短時間勤務から初めて、徐々に職場の雰囲気や薬剤師としての仕事そのものの感覚も取り戻すことができます。