アルバイトの薬剤師として働くことについて

アルバイトとして働く

アルバイトという働き方を考えてみた場合、コンビニでのレジ打ちを始めとしてその他スーパーでのレジ打ち、さらにファストフード店での勤務などをイメージする人も多いです。
しかしこの数年では薬剤師の資格を持っている方もアルバイトの薬剤師として働くことが増えてきました。

アルバイトだからといって時給そのものが特別低いというわけではなく、自由度も高いのでこちらの勤務を希望する薬剤師さんもたくさんいます。
アルバイトというのは、高校生や大学生でなければできないわけではありませんので、気楽に働きたいと思っている方やシフト勤務で働きたいと思っている方にはおすすめの勤務方法となってきます。

一般的なアルバイトに比べれば時給も高い傾向となっているため、頑張れば頑張るほどに収入をアップさせることもできるでしょう。
アルバイトとして働く薬剤師さんが将来的に就職先を探す際、アルバイトをしていたという経験がデメリットになるかといえば、そんなこともありません。
近年では本当に様々な勤務形態がありますので、アルバイトとして働いていても、それは全て経験になってくれます。

就職をして常勤として働く場合に比べ、アルバイトとして働くのであれば様々な職場をある程度移動しても、イメージが悪くなってしまうこともありません。
上記した通り自由度が高く、複数のアルバイト先で様々な働き方を経験するのも良いでしょう。

時給は平均よりも高いケースが多い

一般的なアルバイトというのは時給が低い傾向にありますが、薬剤師のように有資格者がアルバイトをする場合には、平均相場に比べて時給そのものが高いケースがほとんどです。
近年では薬剤師専門の求人サイトなどもありますが、こういったサイトを見ていても一目瞭然です。

そのため短時間しか働けないという方の場合には非常に効率がよく、やはりこういった部分は有資格者に与えられたメリットだと言えます。
もちろん職場によって時給にもある程度の違いがありますが、特に夜勤ができる方などの場合には上記で働いている薬剤師さんよりも多くの収入を得ることがあります。
アルバイトの場合には、ボーナス等の支給がないというデメリットがありますが、時給だけで十分生活できるだけの収入を得ているという方も少なくありません。

自由度が高く働きやすいメリットがある

常勤として働く場合には職場の都合に合わせながら、自分のお休みが決まってくるということがあります。
そのためお休みが取りたいと思ったタイミングで人手不足により、休めないということもあるでしょう。
アルバイトであればこの位あたりを気にすることなくお休みを取ることもできるので、プライベートとお仕事のバランスを取るにも非常によい働き方だと言えます。
様々な職場で薬剤師のアルバイトを募集していますので薬局だけでなく、病院で働くアルバイトや実験のお手伝いをするといった形でアルバイトをすることも可能になっています。