東京薬科大学

参考:https://www.toyaku.ac.jp/

学生寮が完備されている

東京薬科大学では学生さんのための寮がしっかりと管理されています。
多くの大学で寮が完備されているのですが、中にはこの寮がとても使いにくいと感じてしまうことや学校から寮が離れていて不便に感じてしまうこともあるでしょう。
しかし東京薬科大学では学校に通いやすく、さらには生活のしやすさまでがしっかりと考えられた寮となっていますので、学生さんにとっては本当に大きな魅力があります。

また生活しやすい環境が整っているということは、その分勉強そのものに集中しやすく国家試験に向けて6年間を過ごしていく中で素晴らしい環境に恵まれながら、自分自身を成長させていくことができるでしょう。
このような部分まで考えた上で学生のための寮を準備しているということがはっきりわかります。
東京薬科大学では女子学生寮なども準備されていますので、女性だけが安心して生活できる環境も整っており、規律などもしっかりとしていますので、共同生活を通じて規則正しい生活や安定した人間形成を行うことが可能です。
>>東京薬科大学

1人部屋などもありますので複数人で生活をしたくないと願う学生さんにもぴったりの環境が整います。
また学校側が準備した寮だけではなく、学生さんに向けて学校が認定しているアパートが学校の近くありますので、こういった学校でリーズナブルな家賃を払いながら通うことも可能です。
さらには推薦学生寮なども準備されていますので、こちらでは食事付きの学生寮で生活をしながら勉強に集中することができるようになっています。

国家試験対策も取り入れたカリキュラム

東京薬科大学が考えているカリキュラムは国家試験対策もしっかりと取り入れられています。
大学への在学中で国家試験対策ができるのはとても珍しいと言えるでしょう。
薬剤師国家試験は出題内容が345問となっており、総合的な学力はもちろんのことその他多領域にわたって複合問題が出されるようになりました。

こういった部分について独学や予備校で試験対策をする事も大切ですが、学校に通いながらきちんとした試験対策ができるのは一石二鳥ともいえるメリットになります。
東京薬科大学を卒業することによって薬剤師国家試験受験資格や登録販売者試験受験資格を得ることが可能です。
その後は薬局管理者をはじめとして保険薬剤師や学校薬剤師などに自分の進路を進めていくという学生さんも、たくさんいます。

ラーニングマップが分かりやすい

東京薬科大学では公式ホームページにランニングマップが記載されています。
こちらのラーニングマップは非常にわかりやすく何をどのように学んでいくのかが一目瞭然でわかるようになっているのです。
まずは三つのジャンルに分かれた項目の中から自分の求めるジャンルを選択しましょう。

病院や薬局で活躍するケース、研究者や開発者として解説役するケース、保健公務員として活躍するケースでそれぞれに違ったラーニングマップが準備されています。
例えば研究科学者として活躍するのであれば科学を研究する力、そして仮説そのものを実証していく力さらには薬品を作る力を身につけるためのカリキュラムについても詳しく知ることができます。