明治薬科大学

参考:http://www.my-pharm.ac.jp/

生涯学習に力を入れている

明治薬科大学では学生さんが在学中ですでに生涯学習について学ぶことができるように、基礎的な知識をつけるとともに生涯学習の重要性などを教えてくれます。
薬剤師というのは国家試験に合格した後働きながらも生涯学習をしていかなければなりません。
しかし、ここでの生涯学習についてどのような内容を学んで行けば良いのか、自分自身が成長できるのかと悩んでしまう学生さんもいます。

明治薬科大学では生涯学習に力を入れることによって、学生さんが将来のビジョンを大きく広げながら勉強ができるような取り組みを行っています。
また研究体制についても高度なものがセレクトされており、創薬研究センターをはじめとして日常創薬資源研究開発センタやハイテクリサーチセンターなどが準備されているのです。
さらには、産学連携なども行っていますので、オープンカレッジによって他の学校ではなかなか学ぶことができない、そして体験することができない経験をすることが可能になっています。

教育に特徴があり学びが楽しくなる

明治薬科大学では薬学部の教育そのものに大きな特徴があります。
医療事務GP をはじめとして名薬サイバーキャンパス、がんプロフェッショナル養成基盤推進プランなど様々なものが準備されていますので、こういった教育を受けることによって、基礎的な知識だけでなく一歩先に進んだ知識を身につけることが可能です。
>>日大薬学部志望だったのですがやはり明治薬科大を諦めたくありません

またそれぞれのこういったプランでは提携を結んでいる企業なども存在しており、そういった企業の協力によって学生の教育そのものに力を入れることができています。
特に医療陣GP に関しては文部科学省による財政支援が行われていますが、教育が活性化され今まで以上に知識と技術を持つ薬剤師を早期に教育することができるようになりました。
このような取り組みをいち早く。 実施しているのが明治薬科大学の特徴でもあります。

国際交流も可能で留学も夢じゃない

明治薬科大学の国際交流は非常に多くの海外の大学との提携を結んでいるため、留学を考えた場合でも夢ではありません。
またこのような大学との共同研究などを行うことによって学生だけでなく、教員もスピーディに成長し双方にメリットがあります。
明治薬科大学が国際交流を行っている学校については米国のイリノイ大学シカゴ校や、カナダにあるアルバータ大学薬学、チュラロンコン大学薬学部、トルコにあるアンカラ大学薬学部などになっています。

もちろんこのほかにも非常に多くの学校があり、インドネシアやタイ、フィリピン英国、韓国、ガーナドイツ、ハンガリーなど多くの学校との交流を図ることが可能です。
多彩な学生さんと交流を図ることによってコミュニケーション能力も身につき、それぞれの国の伝統や特徴などを知る良いきっかけにもなってくれるでしょう。