国際医療福祉大学

参考:http://www.iuhw.ac.jp/index.html

様々なキャンパスが選べる

薬剤師になるための大学を探している方々は日本全国にある学校の中からどこか一つを選んで入学することになります。
一つの大学で一つのキャンパスを持っているというのは当然のことですが、国際医療福祉大学ならば、様々なキャンパスの中から選ぶことができます。
国際医療福祉大学では栃木県や千葉県、神奈川県、福岡県などに5つのキャンパスを展開していますので、どのキャンパスに通うのかということは、自分の中で選べるようになっています。

もちろん距離的な問題もありますが、それぞれのキャンパスで何が学べるのかということをしっかり考えた上で通うキャンパスを決めるのが良いでしょう。
また、こちらの学校では薬剤師を目指していくだけでなく理学療法士や作業療法士、医師看護師。言語聴覚士、視能訓練士、臨床検査技師、診療放射線技師、ソーシャルワーカーなどさまざまな分野に合わせながら自分の将来を目指していくことが可能になっています。

専門的に細かいジャンル分けが行われていますので、こちらの学校に通えば医療業界で活躍できる学科を受けて受験することができます。
国際医療福祉大学は医療福祉の総合大学とも言われており、全部で8つの学部を持っています。
そして学科については21学科となっていますので、これだけ幅広い展開の中で自分の将来についていてじっくり考えることができます。

付属病院での研修も安心して行える

国際医療福祉大学には複数の付属病院などがあります。
付属病院は4つになっており、ここでは様々な実習が経験できるので学校を卒業した後働き出す際にもすぐに知識と経験を生かすことができるでしょう。
やはり多くの研究や実習に携われば携わるほど実力が身に付くものですから、働くようになってから新人としてオドオドしてしまうこともありません。

しっかり自信を持って社会に出ることができるので、これはとても大きなメリットです。
付属されて付属となっている病院は国際医療福祉大学病院をはじめとして、国際医療福祉大学、塩谷病院さらには三田病院熱海病院と4つになっています。
それぞれ秒床は200を超えており、300近い病床を誇る大きな病院もあります。
大学病院ばかりとなっていますので、先進医療を扱っているということもあり、こういった付属病院で研修に携わることや実習に携わるという経験は、なかなかできるものではありません。

国際医療福祉大学は国家試験の合格率が高い

国際医療福祉大学は上記の通り様々なカリキュラムそして付属病院などが準備されていることから、薬剤師国家試験に対しての語学率も非常に高いと言われています。
また薬剤師だけでなく、その他の学部についても国家試験の合格率が高く、こちらの学校に入りたいと希望する方もたくさんいます。
もちろん奨学金についての制度や寮などもしっかりとしたシステムが整っていますので、不安を感じずに大学生としての6年間を過ごすことができるでしょう。